カードローン審査の重点属性

カードローンの審査は一般的には取扱い金融機関ではなくその保証会社に委ねられており、主に消費者金融系会社や信販系会社の審査のもと審査承認となればカードローンが利用できます。その保証会社の審査で最も重要視されるポイントは過去の事故歴です。

事故歴と言っても様々なケースがあり一概には言えないのですが、多いケースとして過去の延滞履歴が挙げられます。過去においてクレジットカードの返済やローンの返済などを延滞させてしまったときには個人信用情報に延滞履歴が記載されます。

特に3ヶ月以上の延滞をしてしまった場合には債権が移動する為、移動情報として記載されてしまいます。移動情報は保証会社の与信判断において最も重要視されており、移動情報がある人はまず保証会社付きのカードローンの利用は不可能です。

その他に多いケースは自己破産者です。自己破産した人は官報に記載される為、記載された人は自動的に保証会社の所謂ブラックリストに載ることになります。

自己破産は社会的信用を大きく落とす事柄であり、過去に借入金を踏み倒した人として、その後の借入はとても難しいことであります。また上記の事象における審査への影響は本人のみでなく、その家族にも及びます。

個人信用情報では住所をもとにその家族までも割出され、家族に移動情報や自己破産者がいた時はカードローンの審査も極めて厳しいものとなります。カードローンの審査において最も重要なのは過去の信用情報ですが、それをクリアして次に大切な属性が申込人の年収です。

一般的には申込極度金額は申込人の年収までとされており、それ以上の利用希望の場合はその他の資産が必要になってきます。

申込書には必ず年収を記載する欄が設けられていますが、ある金額以上は源泉徴収票や所得証明書の提出により確認をとりますが、少ない申込金額では自己申告により記入される為、特に証明書の提出は必要ありません。

しかし証明書の提出不要とはいっても虚偽申告はしてはいけません。

金融機関はどういう方法で過去の借り入れ状況を調べてる?

カードローンを利用しようと考えた時にはまずは様々なことを申請することになります。それが現在の職業であったり、収入であったり、他にある借金なのですが特に重要なのが収入と借金です。原則としては過去の借り入れの履歴はあくまで返済していれば問題はないでしょう。

現在の借金も無理がない程度であればそこまで問題視されることはないです。しかし、そもそもこれはどうやって調べているのか、という疑問が残ることでしょう。

こちらから申告はしますが、それが本当であるのかどこで判断しているのか、と詳しくない人は不思議がる部分です。実は専門の機関があり、そこに問い合わせることによって金融関係業者は情報を得ることができます。

加盟している必要があるので何処でも誰でも、というわけではないのですが、その組織のことを指定信用情報機関といいます。ここに問い合わせますとカードローンやキャッシングでいくら借りているのか、ということが把握できます。

名前、姓年月日などから調べることになりますから、申し込みの時にそれらの情報を渡すのはそれが理由になります。ちなみに目的ローンは情報としては載っていないです。目的ローンとは住宅を買う為のローンとか車を買う為のローンとかそうした形の融資のことです。

カードローンやキャッシング関係の情報であり、目的ローンは調べようがないわけです。また、聞いてくることも極めて少ないです。

そもそもどうして過去の借り入れ、或いは現在の借金の情報を確認するのか、といいますと信用できるのかどうか、返済能力があるのかどうか、という点もありますが規制があるからです。

貸金業者の場合、年収の3分の1以上は貸し付けることができないのでそれを確認しないといけないわけです。仮にこの規制がないとしてもやはり調べるべき要素は強くあります。この指定信用機関なのですが、国が認可してやっていることです。

プライバシーの侵害と考える人もいますが公正であり、円滑な金融業務のためには必須の機関なのです。

審査に落ちた場合、他社に申し込んでも問題はないの?

各キャッシングの審査に落ちた場合、他の企業を試してみたくなるのは当然の考えかと思います。とはいえ、一度審査に落ちてしまった後で他の企業の審査を受けて大丈夫なのか、悪影響はないのか心配になってしまうでしょう。実はこの問題は本当に難しいことなのです。

1つの企業の審査に落ちてしまっても別の企業の審査に通る場合も確かにあります。しかしながら他の企業の審査に落ちてしまった時点で審査の対象外にしてしまうような企業も存在し、特にこれはバンクイックのように銀行系カードローンで多くみられます。

バンクイックのことならバンクイック審査通過しよう

そして一度のみならず二度三度と審査に落ちてしまったようなときは現状では間違いなく審査を通ることは出来ません。複数の企業で審査に落ちてしまう場合は、何かしら自らの経歴や返済条件に問題があると思って間違いありません。

その原因が何であるのかを直接教えてもらうことは出来ませんが、自分でその理由に思いつく方も多いのではないでしょうか。一番の原因となるのは、以前に借金の返済で問題を抱えてしまったケースです。

長期にわたって借金を延滞してしまったりとか、あるいは自己破産すらをしてしまったりとか、そのような経験がある方は一定期間審査に通ることは出来ないと思った方がよいでしょう。またそうでなくとも、収入や職業などが原因であるケースもまた多く見られます。

過去に借金の経験がないのに審査に断られ続けているような方は間違いなくそこが問題であると思ってよいでしょう。その場合は、難しいかもしれませんが現状を改善するしか方法はないでしょう。返済能力が問題ないと判断されれば、すぐにでも審査に通るはずです。

また企業によっては居住地や居住年数が問題になることもあります。特に地方銀行系のカードローンで多くみられることですが、特定の地域で暮らしていることが条件というケースも珍しくありません。

その場合は大人しく、地元の企業や地域が条件にならない大手企業に申し込むと良いでしょう。1つの企業の審査に落ちた場合、他社に申し込んでも問題はありません。

しかし他の企業でも断られないためにはあらかじめ自身の状況に問題がないかどうか省みることが重要でしょう。

PAGETOP
Copyright © 銀行カードローン審査攻略ナビ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.